悲しいお別れ・・・

こんな記事を書いていいのかどうかわかりません。
我が家にもペツトがいます。

そのペツトが一瞬のスキに目の前から消えてしまったら・・・
あなたならどうしますか?


ブログで仲良くしていただいているmilkyさんの
ご家族のフェレットのく~ちゃんがいなくなりました。


ある日ちょっとした悪戯心でく~ちゃんはお外に出てしまいました。
でもママは夕方、帰宅するまでそれに気づかず・・・
すぐに気づいていたらこんなことにはならなかったのでしょうが・・・
きっとお外の空気を味わいたかったのよね。
そして気づいたらオウチがわからなくなって・・・


ウチの場合はワンコです・・・
ワンコの場合よほどのことでない限り
自力で戻ってくると思います。


でもフェレットの場合はほぼ自力で戻ってくることは無いと言われています。
だからと言って仕方がないじゃすみませんよね。


簡単にあきらめなさい・・・とは言えません。
でも現実はそう言うしかないのです。


f0366679_015043.jpg



実際に亡骸を目にしキチンとお別れが出来たのならあきらめもつくでしょう。
それを目にしない限りは受け入れられない・・・それが本音だと思います。


以前我が家で飼っていたワンコの蓮クン・・・この子がよく脱走をする子でした。
あまりにもその頻度がひどくて最後はもう帰ってこなくていいから・・・と
家族と話していました。  でも半日後に顔をドロドロにして庭に戻って来た時は
それはそれは嬉しくてもう2度と遠くに行っちゃダメだよ・・・と言い聞かせていました。


その子も4年前に病には勝てず永遠のお別れをしました。
その時の悲しみは今でも思い出すたび胸を締め付けられます。
たかが犬と言う人もいます・・・でも私たちにとっては家族なんです。

簡単にもうあきらめなさいよ・・・とは言えません。
でも・・・いくら待っても戻っては来ません。
酷かも知れませんが・・・受け入れなくてはなりません。


milkyさん・・・あなたは最後までキチンと見守っていたと思います。
ご主人ともどもそれはそれは溺愛と言っても過言ではないほど家族同然でしたよ。
きっとく~ちゃんは幸せだったよ(^_^;)ありがとう・・・って


愛くるしいオメメで見ていますよ。
ただ最後のお別れを言えなかったのは残念だった~って言ってるかも?
何時までも悲しんでちゃく~ちゃん天国で困っているよ。

く~ちゃんはきっとパパとママの笑顔が1番好きだったと思う・・・
だから前に進んでください。


ペットという家族を受け入れた以上必ず最後の時は来ます。
その覚悟がない限り無責任に受け入れないようにしたいと思っています。


milkyさん元気出してね。
そしてここでこんな記事を書いてしまってごめんなさい。
気に障ったらごめんなさい・・・いい加減な気持ちで書いたわけではないので・・・
早く明るく元気なmilkyさんに戻ってね。

f0366679_0151333.jpg


でもやっぱり辛いね。。。。。。。


ランキングに参加しています。
励ましのクリックよろしくお願いしますね^_^;





[PR]
Commented by milky at 2016-11-02 07:23 x
こんな風に励ましてくれていたんですね。
今頃気付いてごめんなさい。
本当にseriさんの書いてくださった通りです。
こんなに私に気持ちを理解していてくださったなんて嬉しくて涙が出ます。
どの部分も本当にその通り。
家でのワンコの話もその情景が目に浮かんでくるようです。
ペットを家族同然に愛して暮らしていればみんな気持ちは一緒ですね。

私たちはまた新しく家族を迎えようかと考えています。
たぶんまた溺愛です(笑)!
Commented by seri4649 at 2016-11-02 19:56
milkyさん無断で記事にしてごめんなさいね。
でもmilkyさんならきっとわかってくれると思って・・・
いろんな苦しみから逃れられまた新たに家族を迎えようとしているとか・・・
きっと前を向いて生きようと言う気持ちの現れです♪
今まで以上に絆を大切にお過ごしください。

milkyさんは元気じゃないとね(^_^;)
by seri4649 | 2016-10-22 22:31 | 日々の出来事 | Comments(2)

路地裏の小さな庭で庭づくりと雑貨屋をやっています。diyが好きで庭のアチコチに散らばっています。


by seri4649
プロフィールを見る
画像一覧